冷え性になる原因

体温1度が与える影響

体温が1度下がると免疫力は30%も低くなります。
そして、体内の老化スピードを促進させてしまいます。


逆に、体温が1度上がると免疫力が6倍にも上がるとと言われています。


体温1度の差
それは、人生そのものの分かれ目です。


そして体温を維持し調整するのは地球2周半にもなる、私たちの血管です。


冷え性と血管は大きな関係があるのはあなたは知っていると思いますが、<<続きを読む>>

万病のもととはいえ

冷え性は、年々増加傾向にある病気です。

 

ですが、冷え性は万病のもととはいえ、症状といえば「手足が冷たい」といったような、死に直結しないものなので、病院に行っても大した処置はされない事が多いですよね。

 

冷え性は、女性に多くみられる症状といわれています。

 

これは、冷え性の原因から考えるとわかりやすいかもしれません。

 

冷え性の原因は、ざっくりと分けると二種類あります。

 

一つは、熱の不足です。

 

人間は食べる事で熱を生みだします。

 

一日のうちに生みだされる熱エネルギーは、60%が筋肉によって作られています。

 

なので、カロリーを控えめにしやすい女性は、冷え性になりやすいのです。

 

また、筋肉量が少ない方も、この原理によって冷え性になりやすいといえます。

 

そして、もう一つの原因は、血行不良です。

 

一つ目の原理で熱エネルギーが十分に作りだせたとしても、血流が悪ければ、それを全身に送る事ができません。

 

最近は、空調設備が整っているので、どんな季節でも同じような温度で過ごせるようになりました。

 

ですが、一歩室外にでれば、四季折々の温度があります。

 

この温度差に体調機能が追いつかない方が増えてきているのです。

 

特に、寒いくらいにエアコンのきいた部屋に長時間いるのはよくないですね。

 

できれば、エアコンの温度設定は高めに、それができなければ衣服で調整するなどしてください。

 

日頃から肩こりや腰痛に悩まされているのなら、それは血行不良のサインです。


このページの先頭へ戻る