なぜ冷え性は足からくるのか?

体温1度が与える影響

体温が1度下がると免疫力は30%も低くなります。
そして、体内の老化スピードを促進させてしまいます。


逆に、体温が1度上がると免疫力が6倍にも上がるとと言われています。


体温1度の差
それは、人生そのものの分かれ目です。


そして体温を維持し調整するのは地球2周半にもなる、私たちの血管です。


冷え性と血管は大きな関係があるのはあなたは知っていると思いますが、<<続きを読む>>

自律神経のバランスが崩れたために起こります

自分ではそんなに寒いと感じていないのに、手の先や足の先といった身体の末端が氷のように冷たくなっている、そんな経験はありませんか?

 

例えば、会社でずっと座りっぱなしで仕事をしていたり、立ったままあまり動かない状態が続いていたりすると、足の冷えを感じる人が多いと思います。

 

それは、身体の中の血液の循環が悪くなっていることが原因です。

 

ずっと座りっぱなしや身体を動かさないでいる時間が多いと、身体の末端から身体の中心へ向かって血液を送り出す力が弱くなったり、身体の末端まで暖かい血液が流れてこなかったりして、足の温度が上がらない状態になってしまうのです。

 

体の熱は、心臓から送り出された血液が身体中に循環することによって得られます。

 

また、女性の場合は足に合わない靴や足を締め付けるハイヒールなどを履き続けることで、足の温度を感じる神経や足先の感覚が鈍ってしまったことが、足の冷えにも繋がっています。

 

足の冷え対策として、座りっぱなしの仕事の場合は極力足を動かすようにするといいでしょう。

 

運動不足の場合にも足の冷え性の原因となるので、あまり動かない人はウォーキングなどを行うと効果があります。

 

冷房の効いた部屋にずっといる場合にも、足先がとても冷たくなることがありますが、これは外気との温度差により、自律神経のバランスが崩れたために起こります。

 

会社などでどうしても冷房の温度を自分で設定できない場合には、ひざ掛けを使う、靴下を履く、なるべく身体を動かすなど、適切な冷え対策を行ってください。


このページの先頭へ戻る