冷え性にならないための服装

体温1度が与える影響

体温が1度下がると免疫力は30%も低くなります。
そして、体内の老化スピードを促進させてしまいます。


逆に、体温が1度上がると免疫力が6倍にも上がるとと言われています。


体温1度の差
それは、人生そのものの分かれ目です。


そして体温を維持し調整するのは地球2周半にもなる、私たちの血管です。


冷え性と血管は大きな関係があるのはあなたは知っていると思いますが、<<続きを読む>>

冷やすという行為は万病のもとです

女性は、冬でもオシャレの為に薄着をしている方が多いですね。

 

オシャレをするな!とはいいませんが、冷え性を予防するなら、できるだけ体を冷やさない工夫が必要です。

 

薄着でも、カイロをブーツに忍ばせたり、腰やお腹に貼ったり、ヒートテック素材などでできたホットインナーを利用すれば、体を冷やさないでいられます。

 

また、冬は暖かい格好をしている方でも、夏になると素足にサンダルで冷房ガンガンのオフィスにいたりします。

 

これも実は、冷え性になる原因になります。

 

夏場でもクーラー対策として、ブランケットを使ったり、薄手の靴下を履くなどして、冷えを防ぎましょう。

 

スカートよりは、パンツスタイルが冷えにくいですが、制服がスカートだったりする場合は、ストッキングなどで直接的に冷気があたらないようにすると、冷えが少しはましになります。

 

最近は、ローライズジーンズなどの股上の浅い服が主流ですが、これはお腹と腰を冷やす原因になるので、できれば避けたいところです。

 

さらに、首まわりも案外重要です。

 

冬場ならマフラー、夏場ならスカーフなどで対策しましょう。

 

他にも、冷房対策の為の夏仕様のレッグウォーマーなど、冷え性予防に便利で可愛いグッズはたくさんあります。

 

若いうちは何ともなくても、将来的に考えると、冷やすという行為は万病のもとです。

 

健康あってこそのオシャレですから、ある程度は体の為に妥協してあげましょう。


このページの先頭へ戻る