冷え性を改善するツボって?

体温1度が与える影響

体温が1度下がると免疫力は30%も低くなります。
そして、体内の老化スピードを促進させてしまいます。


逆に、体温が1度上がると免疫力が6倍にも上がるとと言われています。


体温1度の差
それは、人生そのものの分かれ目です。


そして体温を維持し調整するのは地球2周半にもなる、私たちの血管です。


冷え性と血管は大きな関係があるのはあなたは知っていると思いますが、<<続きを読む>>

毎日、コツコツと続けること

女性の中には、冷え性に悩まされている人も多いと思います。

 

冷え性は生理不順などの色々な女性特有の病気を引き起こしたりします。

 

手軽に改善できる方法があれば、試してみたいものですよね。

 

毎日、手軽に行えて、冷え性を改善できる方法の一つに、ツボ押しがあります。

 

冷え性にならないためのツボ、冷え性を改善するためのツボをいくつか紹介します。

 

1.気海(きかい)
おへそから指2本分下のあたりにあります。このツボを押すことで、全身の血の巡りが良くなるといわれています。冷え性の改善には、まずここを押しましょう。

 

2.三陰交(さんいんこう)
内くるぶしから指3本分上のあたりにあります。親指を使って圧迫するように押すといいでしょう。女性にとって一番大切なツボといわれており、冷え性はもちろん、生理不順にも効果があります。

 

3.湧泉(ゆうせん)
足裏の土踏まずのやや上の真ん中付近にあるツボです。精気がみなぎるツボといわれています。お腹の冷えに効果的でしょう。このツボを押すと体力・気力の向上にも繋がります。

 

4.太衝(たいしょう)
足の親指と人差し指の骨が合流するところにあり、拍動を感じられると思います。このツボを押すと、体温を上げる効果があります。冷え性からくる下腹部痛にも効果があるでしょう。尿を出しやすくするという効果もあるようです。

 

ツボ押しは、ちょっと押したからといってすぐに効果が感じられることはあまりないかもしれません。

 

でも、毎日、コツコツと続けることで、冷え性改善に効果があるはずです。

 

ツボの位置がイマイチよくわからないという方は、一度、鍼灸院などに行って、プロに教えてもらうといいでしょう。


このページの先頭へ戻る