冷え性と妊娠との関係

体温1度が与える影響

体温が1度下がると免疫力は30%も低くなります。
そして、体内の老化スピードを促進させてしまいます。


逆に、体温が1度上がると免疫力が6倍にも上がるとと言われています。


体温1度の差
それは、人生そのものの分かれ目です。


そして体温を維持し調整するのは地球2周半にもなる、私たちの血管です。


冷え性と血管は大きな関係があるのはあなたは知っていると思いますが、<<続きを読む>>

生殖器に直に影響を与える

冷え性と妊娠には、とても深い関係があると言われています。

 

これから妊娠を望む方は、決して冷え性を甘くみてはいけません。

 

冷え性は、全身の血液の循環を悪くさせます。

 

特に足腰の冷えは、生殖器に直に影響を与えるのです。

 

つまり、子宮や卵巣を冷えさせてしまうことを意味します。

 

冷え性は、生殖器の機能を衰えさせているのです。

 

冷え性で血液の循環が悪くなれば、卵巣に十分な酸素や栄養が届かなくなってしまうでしょう。

 

それに、ホルモンにも悪影響を与えてしまいます。

 

ですから、冷え性だと生理不順になったり、生理痛がひどくなったりしまうことが多いのです。

 

生理不順だと、妊娠しづらくなってしまいますよね。

 

不妊の原因が冷え性にあることも少なくありません。

 

最近では、自覚のない隠れ冷え性の方も増えています。

 

隠れ冷え性の方は、手足は温かいのですが、内臓の温度が低いのです。

 

平熱が36℃以下で、顔がほてりやすい、手足がむくみやすいなどの症状があれば、隠れ冷え性の可能性があります。

 

なかなか妊娠できないという方は、まずは自分が冷え性ではないか確認してみてください。

 

食生活や日頃の生活習慣を見直すことで冷え性は改善できます。

 

また、ゲルマニウム温浴や岩盤浴、ドーム型サウナもオススメです。

 

腹巻をする、毛糸のパンツが進化したハラパンを履く(下半身を冷やさない)、靴下を二重、三重に重ねるのもいいですね。

 

必ずお風呂に入るようにする、アイスを食べない、冷たい飲み物を飲まないというのも冷え性改善にはとても有効です。


このページの先頭へ戻る