冷え性と病気との関係

体温1度が与える影響

体温が1度下がると免疫力は30%も低くなります。
そして、体内の老化スピードを促進させてしまいます。


逆に、体温が1度上がると免疫力が6倍にも上がるとと言われています。


体温1度の差
それは、人生そのものの分かれ目です。


そして体温を維持し調整するのは地球2周半にもなる、私たちの血管です。


冷え性と血管は大きな関係があるのはあなたは知っていると思いますが、<<続きを読む>>

各臓器に障害が起きてきます

冷え性と病気には、どのような関係性があるのでしょうか?

 

昔から、冷えは万病の元といわれるように、冷えを放置していると、様々な疾患が現れるようです。

 

まず、冷えは免疫力を低下させてしまいます。

 

これにより、様々な病気にかかってしまう可能性が高くなりますし、場合によってはガン細胞に増殖させる環境を与えてしまうことにもなりかねません。

 

人間の体には毎日ガン細胞ができているといいますが、免疫力が働いているからこそ退治することができます。

 

免疫力が働かなくなると、ガン細胞をやっつけることができません。

 

冷え性というのは、体が冷えた状態ですから、血管が収縮し、血流が悪くなります。

 

そういう状態が持続すると、各臓器に障害が起きてきます。

 

そして、脳や心臓、その他の臓器に影響を及ぼしてしまうことになるのです。

 

冷えからくる疾患としては、動脈硬化などの血管の病気が代表的です。

 

また、不妊症や婦人科系の病気も引き起こすといわれています。

 

それに、冷えによって、自律神経などの精神面でも影響が出る場合があります。

 

そのような病気を引き起こさないためにも、日頃から冷え性を改善するための努力をするように心がけましょう。

 

体を冷やすような食べ物や飲み物も出来るだけ控えるようにした方がいいです。

 

薄着を避けるのはもちろん、湯船に浸かったり、サウナなどを利用して一時的に体温を上げることも冷えの改善には有効でしょう。

 

適度な運動も大切です。冷えを改善して、免疫力をUPさせ、病気に負けない体作りをしていきましょう。


このページの先頭へ戻る