冷え性が月経不順の原因になる?

体温1度が与える影響

体温が1度下がると免疫力は30%も低くなります。
そして、体内の老化スピードを促進させてしまいます。


逆に、体温が1度上がると免疫力が6倍にも上がるとと言われています。


体温1度の差
それは、人生そのものの分かれ目です。


そして体温を維持し調整するのは地球2周半にもなる、私たちの血管です。


冷え性と血管は大きな関係があるのはあなたは知っていると思いますが、<<続きを読む>>

子宮筋腫や子宮内膜症などの病気に進んでしまう

月経不順に悩んでいる女性は多いと思いますが、ひょっとするとその原因は「冷え性」にあるのかもしれません。

 

冷え性には、身体のホルモンバランスを狂わせる働きがあるのです。

 

まず、冷え性で身体が冷たくなるということは、体内の血液の循環が悪くなっているということですね。

 

血液には、身体のエネルギーの素となる栄養素や酵素、身体の調子を整えるホルモンなどが含まれているので、その循環が悪くなると、ホルモンバランスも大きく崩れてしまいます。

 

ホルモンバランスが崩れてしまうと、卵巣の機能も低下し、結果として月経不順を引き起こす可能性があるのです。

 

また、冷え性によって子宮の周りの血液の循環が悪くなると、月経の際にも子宮の周りに血液が溜まった状態になり、月経痛が発生しやすくなります。

 

さらに、卵巣機能が低下すると、排卵や着床がうまくいかなくなり、妊娠しにくい身体になってしまいます。

 

他にも、月経不順を放っておくと、子宮筋腫や子宮内膜症などの病気に進んでしまうこともあります。

 

このように、冷え性は女性の身体に様々な悪影響を及ぼすのです。

 

しかし、逆にいえば、身体を温めて血液の循環を良くすることにより、月経が順調になり、月経痛も軽くなり、不妊症が解消できる可能性もあるということですね。

 

身体を温めるには、身体を温める食べ物を積極的に摂ったり、適度な運動を定期的に行ったり、冷房はできるだけ控えたりすることが大切です。


このページの先頭へ戻る