冷え性が肩こり、首こり、腰痛の原因になる?

体温1度が与える影響

体温が1度下がると免疫力は30%も低くなります。
そして、体内の老化スピードを促進させてしまいます。


逆に、体温が1度上がると免疫力が6倍にも上がるとと言われています。


体温1度の差
それは、人生そのものの分かれ目です。


そして体温を維持し調整するのは地球2周半にもなる、私たちの血管です。


冷え性と血管は大きな関係があるのはあなたは知っていると思いますが、<<続きを読む>>

筋肉がこるとますます血液の循環が悪くなる

女性に多いのが、冷え性による肩こりや首こり、腰痛などです。

 

冷えは「こり」の大敵と言われていますが、それはどうしてでしょう。

 

身体が冷えると、人間は無意識のうちに身体を縮めたり、首をすくめたりします。

 

この身体が緊張した状態が長く続くことで、身体の中の血液の循環が悪くなり、筋肉に老廃物が溜まってしまい、肩こりや首こりの原因となるのです。

 

身体が冷えるから筋肉を緊張させる。

 

すると、血液の循環が悪くなり、こりの原因となる。

 

筋肉がこると、ますます血液の循環が悪くなり、一層身体を冷やしてしまう。

 

以上のように、悪循環に陥ってしまう場合も少なくありません。

 

また、おなかの冷えを感じる人は、腰痛を訴える人が多いようです。

 

それは、腰の周りの血液の循環が悪くなると、こりではなくて「痛み」の症状が現れてしまうのが原因です。

 

慢性の腰痛を抱えている人は、まずおなかが常に冷えていないか確認してみましょう。

 

冷え性による肩こりや首こり、腰痛の改善方法としては、ぬるめのお湯にゆっくり半身浴をして、身体を芯から温めることが基本です。

 

また、おなかを冷やさないためにも冷たい飲み物は控えて、温かいスープなどを飲むように心掛けましょう。

 

冷えからくる腰痛の場合は、カイロでおなかや腰を温めてあげるのも効果的です。

 

特に、夏場の冷房による冷え性は、肩こりや首こり、腰痛などが起こりやすいので、注意が必要です。

冷え性が肩こり、首こり、腰痛の原因になる?関連ページ

睡眠との関係
妊娠との関係
病気との関係
月経不順の原因になる?
むくみとの関係

このページの先頭へ戻る