冷え性とむくみとの関係

体温1度が与える影響

体温が1度下がると免疫力は30%も低くなります。
そして、体内の老化スピードを促進させてしまいます。


逆に、体温が1度上がると免疫力が6倍にも上がるとと言われています。


体温1度の差
それは、人生そのものの分かれ目です。


そして体温を維持し調整するのは地球2周半にもなる、私たちの血管です。


冷え性と血管は大きな関係があるのはあなたは知っていると思いますが、<<続きを読む>>

足からの血液も心臓に帰って行きにくくなります

冷え性はもともと、血液の循環が悪くなっていることが原因としてあげられていますが、それは同時に「むくみやすい体質」ともいえます。

 

血液の循環が悪いと、血液などの体液を身体の中心へ送り出す力が弱くなり、余分な水分が重力で下半身の方に溜まってしまい、その結果、身体がむくんでしまうのです。

 

よく、冷房の効いた部屋でじっと座っていると足が冷たくなってむくんでしまうといった話を耳にすると思いますが、まさにそのような状態のことです。

 

つまり、血液の循環が悪くなるので身体の冷えが起こり、またむくみも発生するというわけですね。

 

女性の場合は、男性よりも筋肉が少ないため、どうしても基礎代謝が少なくなり、足からの血液も心臓に帰って行きにくくなります。

 

一般的に、女性の方が足のむくみを訴える人が多いのはこういった理由からです。

 

むくみを改善するための手軽な方法としては、むくみやすい箇所を軽くマッサージしてほぐしてみたり、同じ姿勢を長い間とらないようこまめに動いたりすることを心がけるなどがあります。

 

自律神経を刺激するために、おふろでよく温まり、あがる前に足に冷水をかけるのもオススメです。

 

足のむくみが気になって眠れないようならば、足を枕の高さよりも高くして眠ると効果的です。

 

それに、むくみを改善する栄養素、カリウム、カルシウム、マグネシウムを多く含んだ食材を摂るようにすると、むくみにくくなります。

 

夏場は特に、冷えでむくむ症状が多くなるので気をつけましょう。


このページの先頭へ戻る